SNSの表と裏

気をつけて!便利なSNSに潜む恐ろしい落とし穴

>

多種多様なSNS

最低限のモラルは守る

たとえ、インターネット上であっても、人とコミュニケーションを取っている時点で最低限のモラルは守る必要があります。
「顔が見えないから」、「実名制じゃないし、誰が書き込んだかなんてわからない」
そう思われる方が多いと思います。
ですが、匿名性であるにせよ最低限のマナーは守らなければなりません。
SNSが普及していくにつれ、モラルの低下やインターネット上のエチケットつまりネチケットが低下してきていることが、現代社会の問題点といえるでしょう。

これらは、使う側が事前に学び意識をすることによって、身につけることが出来るものです。
知らない、分からないではなく、自ら学ぼうとする姿勢が大切です。
SNSの利用上の注意点をまとめた書籍やサイトもあるので、ぜひ一度調べてみてください。

依存しすぎないこと

他者とコミュニケーションを取るうえで、非常に便利なコミュニケーションツールですが、SNSに頼りすぎてしまっていることはありませんか。
SNSがなければ、誰ともコミュニケーションを取ることが出来なくなってしまったという方もいます。
匿名性であるがゆえに、自分の好きなときに好きなことを発言することが出来るだけではなく、自分と気が合う人とつながることが出来るという大きなメリットもあります。
その反面、仲の良い人が何か発言をしたのであれば、その発言に対し何かしらのリアクションをしなければいけないといったプレッシャーも出てくるでしょう。
仲間外れになるのが怖いから断りにくいという方もいるかもしれませんが、私生活に支障が出始めてしまったり、疲れると感じた場合はハッキリと断るようにしましょう。
その一言が自分の身を守ることにもつながるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る