SNSの表と裏

気をつけて!便利なSNSに潜む恐ろしい落とし穴

>

どうやって使うの?

SNSのデメリット

SNSを利用するうえで、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
まず個人情報漏洩のリスクがあります。
インターネットでは誰でも自分の情報を知ることができ、また自分も誰かの情報を知ることが出来ます。
そのシステムを悪用されることがあるのです。
SMSで友達と話すような感覚で、発言をしていると、思わず個人情報をうっかり漏らしてしまうかもしれません。
すぐにメッセージを削除したとしても、数秒もあれば必ず誰かが見ているのです。
画像をスクリーンショットで撮影されている場合は、その画像がいつ出回ってもおかしくはありません。
自分が他ユーザーに対し、誹謗中傷を繰り返しているとその反動が自分に返ってきます。
実名ではないと、それがさらにヒートアップしやすくなります。
インターネット上であろうとも、最低限のモラルやルールは必ず守るようにしましょう。

ネット上の人間関係

SNSはコミュニケーションツールですので、どんなかたちであれ多少は人と関わることになります。
上手く付き合うことができれば、ストレスなく楽しいSNS生活を過ごすことが出来るでしょう。
ですが、文字だけでコミュニケーション取ることは非常に難しいことです。

「現実の人間関係に疲れて、ストレス解消のためにSNSを始めてみた」という方も多くいるかと思います。
インターネット上であっても、現実社会の人間関係が反映されていることが多いため、実社会の人間関係が煩わしく感じてSNSを始めたのに、最終的に実社会と変わらなくなってしまうといったことも起きてしまいます。
また仲良くなったからといって、うかつに現実で会おうとすると危険な目にあう可能性も0ではありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る